千葉美浜FCコパソル2009ブログ

千葉市美浜区で活動する少年サッカーチーム、千葉美浜FCコパソル。その2009年度生まれの子供たちの記録です。

11/5 アローズカップ

本来は1週前に行われる予定でしたが、台風のため延期になっていたこの大会。いつも練習試合や各種大会でお世話になっているFCアローズさんの招待試合です。

2年生は5チーム総当たりの予選後、1,2位、3,4位、5,6位でそれぞれ決勝戦、3位決定戦、5-6位決定戦を行う形式でした。

コパソルは初戦でこちらも美浜区の高洲コスモスさん、2戦目に年に一度の定期戦でおなじみの香澄MSSさん、3戦目に一昨日のリベンジをかけてFCアローズさん、4戦目は初対戦、激戦地区船橋市の船橋若松FCさん、予選最終戦でこちらも初対戦、市川市のFC平田さんとの対戦となりました。

いつも切磋琢磨して競い合っているおなじみのチームが3チーム、初対戦のチームが2チームと、勝負の行方が全く読めない中での大会となりました。

【予選リーグ】

第1試合
vs 高洲コスモスさん 〇1-0


初戦からここまでほぼ互角の戦いをしているコスモスさんとの対戦となりました。ただ、今年度の美浜区大会では敗戦、練習試合でもあまり良い結果が出ていなかった相手だけに、選手たちは緊張の中で試合開始のホイッスルを聞き・・・。

というシナリオを想定しながら試合に臨んだマネですが、意外なことに選手たちには全くそんなデータは関係なかったようです。

開始早々、今までに見たこともないくらいのパス回しで相手ゴールに迫る魅惑的な攻撃を見せてくれました。

正直、このファーストプレイで、「あれ?今日はいけるかな???」と思わされたほどです。

コスモスさんと


もちろん、実力拮抗の両チームの試合ですので、お互いにそうそうゴールを割らせない、緊迫した1戦となりました。結果として前半4分に挙げた1ゴールのみの1点差で試合を終えるのですが、ご指導に当たっていただいた渡辺監督からもお褒めの言葉をいただくほど、動きもよく多彩な攻撃がみられ、観ていて大変「楽しい」試合となりました。

今後のチームの成長であるとか、選手個々の技術の伸びしろであるとか、そういうものを妄想してしまうような試合でした。

予選第2戦
vs 香澄MSSさん ◯4-0


連戦で迎えた第2戦、対戦相手は年に一度の定期戦でおなじみの香澄MSSさんでした。

体格が大きく力のある選手が複数いる、簡単ではない相手です。

前半4分ごろまでお互いにチャンスを作るもそれを潰しあう、緊迫した攻防がみられました。

そんな中で4分過ぎ、うまく抜け出してキーパーと1対1の場面を作ったコパソルが、少し前に出てきたゴールキーパーの右上を正確に抜いた素晴らしいシュートで1点を先制!この1点がコパソルの攻撃に火をつけました。

ここでもマネの私は「この選手たちもこういう落ち着いたプレーができるようになってきたな」と、勝手に手ごたえを感じていました。

香澄さんと


このあとは前半6分にゴール右前の少し遠めの位置から低い弾道のシュートをゴール右隅に流し込み、1点を追加して前半を終えました。

迎えた後半、しばらくはゴールを割れなかったものの、4分過ぎに加点。6分にもループシュートに近い弾道の高めのシュートが決まり追加点を奪い、結果4対0での勝利となりました。

予選第3戦
vs FCアローズさん ●1-2


2試合の休憩をはさみ、大会のホストチームであるFCアローズさんとの対戦となりました。

前半は相手の大きく上手い選手が繰り出す攻撃に翻弄され、開始早々に先制されます。

正直、先制されると慌てて無理なシュートを打ちにいってしまい、落ち着いた攻撃ができなくなってしまうコパソルでしたので、この先制点はかなりのパンチ力でした。

迎えた前半5分、コパソルのシュートが決まり同点に追いつきました。このまま逆転を!と勢いに乗りたかったコパソルでしたが、やはり相手選手の上手さに敵わず、追加点を奪われてしまいました。

メンバーを代えて臨んだ後半、ここからまたもや選手たちは成長を見せてくれました。

後半は相手の中心選手に仕事をさせず、相手選手にも焦りや苛立ちの様子が見られました。

得点こそ奪えず結局1点差での敗戦となりましたが、選手たちは落ち着いて試合を立てなおす、作戦を遂行するという、今までにない一面を見せてくれました。

予選第4戦
vs 船橋若松FCさん △2-2


こちらは初対戦のチームです。相手の選手たちは体格の良い子も複数いて、また正確に速くパスを前につなぐなかなか魅力的なチームでした。

前半はお互いチャンスをものにできない展開で、ゴールはなく終了しました。

迎えた後半、わずか1分で試合が動きました。

センターライン付近でボールを奪ったコパソル選手が、そのまま思い切りよく高い弾道のシュート。そのままゴールに吸い込まれ、コパソルが1点先制します。

その2分後には相手に同点ゴールを奪われますが、またもや同じパターンからのコパソルのゴールが生まれ、1点リードします。

結局5分ごろに相手に再度同点に追いつかれ、そのまま2対2のドローとなりましたが、後々選手たちに確認すると、センターライン付近からロングボールをゴールに向かって蹴っていく作戦を、選手たち自ら考えて実行していたのだそうです。

作戦がよかったか、悪かったかはともかくとして、重要なのは選手たち自らその作戦を考え、実行し、ある程度の結果を得た、と言うことではないでしょうか。本当に、チームの成長を実感しました。

予選第5試合
vs FC平田さん ●2-1

こちらも初対戦となる市川市のチームです。

相手はなかなか体格の良い選手が多く、見るからに当たりが強そうな雰囲気でした。

しかし、選手たちは当たり負けしていませんでした。(前日の日比谷コーチのご指導の賜物でしょうか?)

ほぼ互角と言える攻防が続きますが、先制したのはコパソルでした。開始5分、ゴール右にシュートが決まります。

しかし後半開始3分ごろ、少し残念な直接FKを叩き込まれ、同点に。

その後も両チーム全く互角の攻防が続きましたが、後半終了が近づいた6分、相手シュートが決まり決勝点を与えてしまいました。

予選結果:2勝2敗1分 勝点7 得失点差 +3 4位

【3位決定戦】

vs 高洲コスモスさん
●0-1


(読者の皆さん、すいません。この試合、マネの立場を忘れて試合に見入ってしまい、興奮のあまり展開を覚えていないという大失態を演じてしまいました。)

わかっていることは、どちらもやはり実力が拮抗しており、素晴らしいせめぎあいの15分だったことでしょうか。

攻撃も、守備も、両チームまさに全力で戦いました。

後半に入ってから、コパソルのキーパーとディフェンスに入った選手の交錯でこぼれたボールをゴールに流し込まれて失点してしまい、それがそのまま決勝点となってしまいました。

大会最終結果:4位

初戦、2戦目を観戦して得た期待感は、今大会に関しては過度の期待だったかもしれませんが、それでも選手たち個々の技術、チームとしての成熟度もゆっくりですが着実に伸びているようです。

しかしそれでも勝てなかったのはどうしてか、せっかく自分たちでサッカーというゲームを理解し始めているのですから、選手個々がよく考えて、これからの練習や試合に臨んでくれればと思います。

今回の大会の失点はほとんどが混戦から叩き込まれたものではなく、何らかの形で相手を抜け出させてしまっての失点が圧倒的でした。そのあたりの対策が必要なのかもしれませんね。

最後に、大会を開催して頂いたFCアローズの皆さん、ご指導いただいた渡辺監督、堂山コーチ、日比谷コーチ、審判のご協力や熱い声援を送っていただいた保護者の皆様、ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2017/11/05(日) 23:23:16|
  2. 未分類|
  3. コメント::0

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する