FC2ブログ
千葉美浜FCコパソル2009ブログ

千葉市美浜区で活動する少年サッカーチーム、千葉美浜FCコパソル。その2009年度生まれの子供たちの記録です。

6/24 【Lチーム】市大会決勝トーナメント第1日~ベスト8決定~

コパソル2009ブログ読者の皆様、こんにちは。


昨日はすでにルーティーンとなりつつあるカツカレーで験を担いだ筆者:ワニマネです。(いや、正直こうなるともう大会前日はずっとカツカレーになりますね。)


梅雨らしいじっとり雨が続く日々の中で、大会の開催が危ぶまれましたが、開催できないほどの悪天候となることはなく、無事市大会決勝Tが開催されました。


選手たちはさほど緊張した様子もなく、全くいつもどおり集合して会場に入っていきました。おい!ノックアウトステージだぞ・・・!メンタルが強いのか、あるいは何も考えていないのか・・・???子供らしくていいんですけどね!


会場はフクダ電子フィールドです。会場入りしてすぐ確認したのですが、フィールドの人工芝はそれほど滑らず、ボールも滑らず、かつしっかり転がる、雨の影響は殆ど感じさせないピッチ状態でした。


会場入り時点では対戦相手は決まっておらず、第1試合で行われる「イーグルス グリーン」さんと「CFC」さんの勝者との対決となっていました。結果はまさにせめぎあいの中から、CFCさんが1点を獲得して逃げ切り、コパソルの対戦相手も決まりました。


イーグルスさんにしても、CFCさんにしても、ここまで(ミニサッカーで)は正直あまり勝てている印象のある対戦相手ではありませんでした。


そんなことを思ううちに、メンバー表を提出し、アップが終わり、いよいよ「負けたら終わり」の決戦が始まります。


本日も緊張の試合前点呼 [試合前点呼。選手たちも慣れてきたかな?]


入場。気合が入ります。 [選手入場。もっと声を出して元気にね!]


さて、立ち上がり、選手たちも緊張して動きが硬く・・・という状況を想定していたのですが、開始1分にもならない時間に中央から右サイドハーフに入ったタイチにパスがつながり、そのまドリブルで前進。そこから最後はレイに繋がりシュート!


コパソル2009屈指のテクニシャン2人で、見事に相手ゴールネットを揺らしてくれました。


その後はコパソルがほぼ攻めているもののゴールを割ることができず、少し停滞した時間が続きました。


ボールを奪い合う [ボールを奪い合う選手たち]


その停滞を打ち破ったのは、素晴らしいプレーでした。


前半終了も近い14分、ゴール正面、ペナルティアークとセンターサークルのちょうど中間くらいと、やや距離のあるフリーキックを得ます。


キッカーは、キックのコントロールではチームでも有数のプレーヤー、ハク。


振り抜いた右足から、高めの弾道でゴールにまっすぐ向かったボールはしっかり枠を捉え、相手GKが触れるもそのままゴール内に。相手GKも必死に掻き出しますが、副審がゴールの判定を下し、ゴーーーーーーーール!


選手たちも全員で盛り上がるビッグプレイでした。(私はこのシーンを肴に一杯やりたいとさえ思いました!)


さらに、前半終了間際にはゴール前の混戦から突進力のあるソウが押し込み3点目。


前半は3-0とコパソルリードで折り返しました。


指示を出し合うDF陣 [ディフェンスも集中できていました]


後半も立ち上がりからコパソルの攻撃で試合が進みました。


DFラインを見ながら攻撃 [DFラインをしっかり見て攻撃]


3分には、ゴール前に走り込んだタイチが絶妙なタイミングでパスを引き出し、ソウのシュート、更にこぼれ球にレイが詰めて4点目をゲットしました。


その後は得点は奪えませんでしたが、サイドをえぐってセンタリングからのゴールを狙う作戦はしっかり実行でき、チャンスはたくさん作れました。決定力はもう少し欲しいですね。


【本日の結果】

コパソルL 4-0 C F C

千葉市大会ベスト8進出

千葉県大会出場権獲得


当初目標としてきた県大会への出場権はこれで獲得できました。


次回の試合は、7月1日(日)、千葉市水の里サッカー場で、ベスト4をかけた対戦となります。対戦相手はCFC U-9さんです。


はい、皆さんお気づきだと思いますが・・・。そう、本日対戦したCFCさんの別チームになります。過去の対戦も負けが混んでいる印象はなくとも、そんなに勝てている印象もない強敵です。しかも、今日別チームと対戦して勝利していますので、流石に同じチームに連敗したくないと、相手も必死で来るでしょう。FCラルクヴェール千葉さんをPKの末破っての進出で勢いにも乗っているはずです。


最大の警戒をしつつ、自分たちの力がしっかり出せるよう、しっかり調整して臨みましょう!


ご指導いただいた日比谷コーチ、送迎・審判・練習・ベンチ入り・応援等でご協力いただきましたパパさんママさん、ありがとうございました。


来週もまたがんばりましょう!


  1. 2018/06/24(日) 18:07:00|
  2. スポーツ|
  3. コメント::0

6/9-10 【コパソルAチーム】千葉市大会予選

いよいよ待ちに待った市大会予選リーグ!


コパソルAチームのメンバーは(3年生)
シュン カナタ ハルヒ リカ  ヒロ ソウシ

そして心強い帯同組(2年生)
 トウマ シュント コウキ ソウタロウ ケイゴ

総勢 11名のフレッシュイレブン!

力出しきって予選突破を目指そうぜ!

【ブロック予選(Gブロック) 対戦相手】

1日目(会場:稲毛小学校)

初戦 vs 千葉アミカルSC

第2戦 vs パサニオール誉田FC


2日目(会場:平山小学校)

第3戦 vs FCリベレオ

第4戦 vs 稲毛FC U-9


千葉市大会予選Gブロック 第1日 会場:稲毛小学校


試合開始時の気温が28度を上回ったため、審判団の協議により規定通り前後半の半分を終了したところでウォーターブレイク(給水時間)が設けられることとなりました。


【Gブロック予選第1日 第2試合】

コパソルA 1-2 千葉アミカルSC

前半早々に1点失いましたが
12分 右クロスからヒロが浮き球の素晴らしいシュートを放ち同点ゴール❕
ベンチ 応援団歓喜の嵐!

いけるぞ!もう1点!

後半に入っても攻勢はコパソル

給水を終えた8分すぎトウマがペナルティエリアで引っ張られだれもがPK❕と思いましたが
笛は鳴らず。。(※心の呟き 審判ジャッジは絶対ですがファールあったと思うけどなぁ(以下、自主規制)

VSAMICAL

<内容は互角。コパが押していたかもしれません。>


そして、後半10分でした。一瞬の隙、不用意なディフェンスをつかれ勝ち越し点を与えてしまい…。

1対2で惜敗😫ホントに悔しい敗戦

でも、結果はひっくり返せません。気を取り直していきましょう‼

【Gブロック予選第1日 第4試合】

コパソルA 0-X パサニオール誉田FC
(あまりに悔しすぎるのでスコアは秘密! ⇒ 見たい方はこちらをご覧ください。

リーグでは最も強豪、おそらく市内でもかなり強い部類に入るチームです。

2009チーム発足からここまで何度も対戦していますが、これまでの対戦成績を振り返っても、コパソルの勝利はほとんどありません。しかも、大会の重要な局面で対戦してことごとく負けてしまっている印象があります。

しかし!PK戦での決着に追い込んだことも何度かあり、だんだんといい試合ができるようになってきている相手でもあります。


若き熱血指揮官、堂山コーチからも「勝ちにいこう‼」と喝が入りました。


前半5分までは相手の猛攻によく耐え無失点!

いけるぞ!ジャイアントキリング!


VSPASANIOR 
<今日はこんなもんで勘弁してやる!(泣)>

ところが・・・。

6分すぎから次々にゴールを決められ終わってみれば大敗。(悔しいのでスコアは言いません!)

しかも、GKコウキが前半終わったところで体調不良により離脱してしまいます。

こうして、1日目は悔しい結果に終わりました。

【ブロック予選第1日 結果】

コパソルA 2敗 勝点0 得失点差(ひみつ) 暫定4位


千葉市大会予選Gブロック第2日 会場:平山小学校


この日は昨日とはうって変わって午後から90%雨予報☔

しかも、長袖でないと寒いくらいの気温でした。

しかし、今後のスケジュールの関係で試合は決行されました。

でも、この天気が後ほど大きな感動を呼ぶことになるのです。


【Gブロック予選第2日 第2試合】

コパソルA 0-0 FCリベレオ

もう負けたら決勝トーナメント進出は叶わない試合です。

ここでも、堂山コーチからも最大限の喝が入ります。

VSLIBEREO 
<もしかして、コパ2009史上最も印象に残るゲーム?>

昨日の喝!は残念ながら空振りとなってしまいましたが・・・。

この日は、本当に、本当に選手たちがしっかりと応えてくれました。


まさにこの試合、どしゃ降りの中、
6月とは思えない、半袖ではいられないほどの寒さの中・・・。

必死にみんながボールを追って、しっかり攻めて しっかり守った❕


ハーフタイムの間に、ベンチに戻った皆をみるとずぶ濡れの顔に目がキラキラ✨してました。
(コーチも、マネも、応援のママさん、パパさんたちも、この素晴らしい顔が見られたことが何よりのプレゼントだったのではないでしょうか。)

結果は、0-0。スコアレスドローでした。(でも、そんなの関係ねぇ!です!)

でも、集中力を切らさず力を出しきった!みんな、限界まで走って、当たって、攻めた!

この試合、本当に観戦してよかった!そんな印象でした。

結果以上に、まさに記憶に残る対戦となりました。

【Gブロック予選第2日 第4試合】

コパソルA 1-0 稲毛FC U-9

残念ながら予選突破の目が厳しくなった最終戦。それでも、しっかり勝って終わろう!

いつの間にか雨はほぼやみました。(選手の熱いプレーに雨雲が逃げていったのかな。)

びしょ濡れのオレンジユニフォームを着替え、初めてサブユニフォームで試合に臨みました。

攻めるも攻めるも得点が奪えない中、前半10分 、右サイドからシュント⇒トウマ⇒ハルヒとつなぎ、最後はハルヒが持ち込んで先制ゴール❕❕

自陣右サイドからの見事な流れでゴールを陥れ、歓喜の渦です!待ちわびていた瞬間が来ました!

ハルヒはGKというイメージですが、攻めても相手をしっかり追い立てていい仕事するんです!

VSINAGE 
<初のサブユニ。ずぶ濡れだったし、ちょうどいい?>

結局、この試合も皆集中力切らさず熱いプレーを見せてくれました!

相手のシュートでGKソウタロウが抜かれるも、この大会でもしっかりキャプテンシーを発揮しディフェンスリーダーとして活躍したシュンがゴールライン際でクリアする劇的なシーンもありました。

また、GKに入ったソウタロウも、持ち前のガッツでゴールマウスを守りました。

結果はそのまま1-0で勝利。

最後しっかり勝って終わることができました❗

最終結果は1勝2敗1分け、グループ4位で予選突破はなりませんでしたが、成績以上に感動を呼び、記憶に残る2日間だったのではないでしょうか✨
(最近涙もろくなったおじさんの記者も、私と同い年で審判として帯同していたワニマネも猛烈に感動しました。)

本文で触れたシュン、ハルヒだけでなく、
シュンとの名コンビで再三ピンチを救う1対1の守備を見せたカナタ
シュンカナタのふたりで守備成功の際のドヤ顔はめっちゃくちゃかっこよかった!)
初戦、見事な同点シュートを放つなど、攻守にわたりボールを追い続けたヒロ
練習の時とは別人かと思うほどボールに向かっていったソウシ
女子選手という体格差をテクニックと運動量でカバーして攻撃にアクセントを加え続けたリカ

3年生の選手たち  ありがとう!特に2日目のがんばりは必ず成長に繋がると思います!

そして、

確かな技術で攻撃をリードし続けたシュント
小柄ながら前を向いた時のDFをかいくぐる突進は圧巻だったトウマ
戦術理解に苦労しながらも、献身的な全力プレーで走り続けたケイゴ
最終戦はGKとして、そして主に守備面で持ち前の気迫あふれるプレーを見せたソウタロウ
体調不良で2日目は不参加になったけど、勇敢なGKで生粋のサッカー小僧、コウキ
(コーチも、マネも、コウキが特に悔しい思いをしたのはよーくわかってます!来年は自分の学年でしっかりゴールマウスを守って、是非決勝トーナメントのピッチに立とう!)

2年生で応援してくれた選手たち、本当にありがとう!
2年生チームにこの貴重な経験を持ち帰って引っ張っていってくださいね。

また熱い応援 車出しのご協力いただいた保護者の皆さん また審判に駆けつけていただいたワニマネ、ありがとうございました❗

そして、実質市大会は初采配ながら、堂々としたコーチングを見せていただいた堂山コーチ、ありがとうございました。

残念ながら、今回のAチームはこれで解散となります。
なによりも、素晴らしい試合を見せてくれた選手たち、ありがとうございました。

  1. 2018/06/19(火) 20:50:00|
  2. スポーツ|
  3. コメント::0

6/9 【Lチーム】首位通過~千葉市大会~

 コパソル2009 Lチーム ブロック予選首位で通過!

蒸し暑かった本日9日、コパソル2009は、L,Aチームともに市大会の予選を闘ってきました。
Aチームは担当マネージャーさんに記事化をお任せするとして、Lチームの報告をします。

【ブロック予選第3日 対戦カード】
今日の試合 
最終戦のFCおゆみ野ホワイトさんとの1試合を残すのみで、本日を迎えたLチーム。
目指すは決勝トーナメント1回戦をシードで始められることになる首位通過です。

ゲンを担いで実は昨日もカツカレーを食べてしまった私ですが、選手たちは今日が最終日とか、勝って首位通過とかそんな事は全く関係なく、「とにかく勝つ!」ということしか頭になかったように見えました。スポーツ選手として当然ではありますが、勝点だとか、得失点差だとか、気にしてないで勝てばOK、という心意気は見習わなければと思います。

【グループ予選第3日 最終戦】

コパソルL 14-0 FCおゆみ野ホワイト

緊張と蒸し暑さの中始まった最終戦。前試合でおゆみ野さんがレグルスさんに敗れたため、得失点差を考えると敗れてもコパソルの首位通過は十分あり得る状況でした。一方のおゆみ野さんにとっては勝たなければ決勝トーナメント進出はない、という状況の中での一戦。

先ほども申し上げましたように、選手たちはそんなことお構いなしでとにかく勝とう、という気持ちが溢れていたのですが、開始から5分程度までの時間は、圧倒的にコパソルが攻め込むも得点できず、少し停滞した感のある展開でした。

守備は任せろ <競り合いの中、カバーに入るDF>

前半4分ごろまでに、ファウルスローを連発してしまい、流れを悪くしてしまうことが続いていました。

それでも前半5分、中央のレイからペナルティエリア右のソウタにいいタイミングでパスが通り、先制します。

こっちにボールを! <中央のボールホルダーに対し、両サイドから前に走る選手たち>

その後は点の入らないまま前半の半分を終え、ウォーターブレイク(給水タイム)に入ります。選手たちにとってはこのウォーターブレイクも初めての経験となりましたが、ベンチに控えていた選手たちも協力し合ってしっかり給水できました。

試合の流れとしてはコパソルのペースになり始めたところでの給水でしたので、流れが変わることを少し心配したのですが、再開後の8分にはGKと1対1の状況を作り出したサクがGKを引き付けてアウトサイドで丁寧にゴールに流し込み追加点をあげます。

その後は10分、11分に今日は大変うまく機能していたソウタとレイのコンビで1点ずつ、さらには12分にDFで出場していたヒロトがペナルティエリアやや右の後方から、キック力を活かして豪快なミドルシュートを”文字通り”叩き込みます。

さらには13分にサクがGKへの鋭い寄せからボールを奪いパスカット、そのままゴールへ流し込んで追加点をあげます。

結局、計7得点で前半が終了しました。

後半は開始からダイキが入り、サクがGKとなりました。

後半開始早々に、右サイドを深くえぐったソウタからのセンタリングをソウが受けて追加点、トモシの中央でのドリブル突破からのボールをまたもソウがゴールに結びつけます。(本来、本人も「ドリブルが一番好きなプレイ」と言っていたドリブラー、トモシのいいドリブルが久しぶりに炸裂しました!)

その後は今日かなり調子の良さそうだったレイが立て続けに3点を奪い、さらには今日何度も見られた右サイドのソウタのクロスを期待の2年生、ダイキが受けてゴール。さらにもう一度ソウタのクロスから加点して、試合を終えました。

左サイドをえぐる <再三、左右のサイドを突破してゴールを脅かしました>

終わってみれば、この試合も14得点、無失点の快勝でした。

この日はボールがよく動き、流れるような攻撃ができていました。それでも、時折無理な突破を挑んだり、強引なシュートで外してしまったりする場面もありました。スローインを含め、まだまだ足りないところもあります。みんなもっともっと練習してうまくなろう!

【グループ予選 コパソルL最終結果】
4勝 勝点12 得失点差+45 首位で予選通過しました。

最後に、炎天下に熱心にご指導くださった日比谷コーチ、応援は気候よりさらに熱かった保護者の皆さん、対戦して頂いた蘇我SCさん、レグルスFCさん、FCおゆみ野さん、ジョカーレFCさん、ありがとうございました。

次の舞台は決勝トーナメント、6/24にフクダ電子フィールドでベスト8をかけて試合に臨みます。これからも皆様の応援をお願いいたします。(前日6/23のお昼は、カツカレーにします・・・。)

  1. 2018/06/10(日) 07:00:00|
  2. スポーツ|
  3. コメント::0

6/2・3 【コパソルL】好スタート~千葉市大会~

6月1日の夜はいよいよ始まるビッグイベントを前に興奮気味にブログを書きなぐってしまった筆者ワニマネです。

コパソル2009ブログ読者の皆様、お待たせしました!


市大会ブロック予選(Iブロック)レポートになります。

この大会を目標に練習に励んできたコパソル2009ですが、初日の6月2日はフクダ電子フィールドをコパソル提供の会場として、晴天の中で試合が行われました。

Lチームは、ソウ、ヒロト、ソウタ、ヨウタ、サク、レイ、トモシ、ハク、タイチ、ダイキというメンバーで大会に臨みます。

【ブロック予選第1日 対戦カード】
初日カード 
この日はIブロックの全チームが一堂に会して、5試合が行われました。組合せでは、コパソル2009の未対戦チームは花見川区のジョカーレFCさんだけで、他のチームは大会やTM等でいずれも対戦経験のあるチームでした。(過去の試合結果をご覧ください

【グループ予選第1日 初戦】

コパソルL 11-0 蘇我SCホワイト

緊張の中迎えた初戦は、今までにも何度となく対戦してきた蘇我SCさんでした。ここまではあまり負けている相手ではありませんでしたが、初めて経験する大会で、対戦相手は学年によっては県大会でも上位に進出しているチームなだけに決して油断はできない状況でした。

と、上記の理由により勝手に緊張していた私でしたが、選手たちはそこまで考えてはいなかったようです。

初めての点呼 <緊張の試合前点呼。これも初めての選手が多いです。>

試合前の点呼を終え、試合が始まりました。コーチの「最初の3分、とにかく攻守とも激しく!」という指示のもと、開始早々から次々に相手陣へと攻め込みます。

そして、初めての歓喜の瞬間は開始4分でした。相手GKからのボールをカットしたソウが、そのままシュートを叩き込んで先制点を奪います。

選手たちがどう感じていたかはわかりませんが、マネの私はここでやっと少しだけ緊張が和らぎました。その後はソウタ、レイのゴールなどで前半終了時には全部で4点を奪っていました。

前半は前線に入った選手たちの集中力が素晴らしく、GK含む相手ディフェンスから出るボールを鋭い出足で再三にわたり奪い取り、次々にチャンスにつなげていきました。

ドリブルで前進 <ドリブルで振り切る!>


後半、ベンチにいた選手も交代出場し、16分、18分にも追加点、23分ごろから試合終了までにも追加点を次々奪い、終わってみれば11得点無失点で勝利しました。

最終的に10名中5名の選手がゴールを挙げ、ゴールこそなくとも前線でシュートにつながる動き、サイドの突破、相手にとって危険なパスなど、それぞれの選手が持ち味を発揮したプレイができていました。

初戦、選手たちは見事に白星を勝ち取ってきてくれました。

【ブロック予選第1日 第2戦】


コパソルL 9-0 レグルスFC


初戦を大差で制し勢いに乗るコパの選手たちの2戦目の相手はレグルスFCさんでした。

過去、2月の市長旗杯で1回だけ対戦し、3-1で退けた相手ではありますが、あの時とはコートの広さもルールも全く違います。油断は大敵ですね。

しかし、ふたを開けてみれば、選手たちは開始から前半の半分ぐらいまでのわずかな時間で4得点と、危なげない試合を見せてくれました。

密集もものともせず<囲まれても突破!>

特に、左サイドからの突破は再三相手ゴールを陥れる結果となり、また前線の選手からの落としをシュート、という形の攻撃も冴えました。

その後も攻撃の手を緩めず、最終的に9点を奪い無失点で勝利しました。

こぼれ球への反応や、相手がボールを受けた瞬間の寄せも速く、全10選手が出場し、半分の5選手がゴールを挙げるなど、チーム全体がコンディションがよさそうな印象でした。

大会初日は以上の2試合で終了しましたが、2勝、勝点6、得点20、失点0と、全く危なげない結果で2連勝を飾ることができました。

特に、失点0は大変評価できると思います。先日優勝を飾った稲毛杯でも失点しており、その原因が完全に優位に立っているときに気を抜いてしまい連携が崩れる、というもので、選手たちは当然コーチに喝を入れられたのですが、今回は大勝でも失点なしでした。よく集中できていたのでしょう。

【ブロック予選第1日 結果】 初日結果

続く6/3にも、会場を蘇我小学校に移してジョカーレFCとの1試合が行われました。

【ブロック予選第2日 対戦カード】
2日目カード FCおゆみ野ホワイトさんが2試合を残す形になりますが、この日が終わればブロック内の大勢は判明する、という印象です。

【ブロック予選第2日 第3戦】


コパソルL 11-0 ジョカーレFC


日差しがかなり強く、特にベンチ付近は無風でかなり暑かった試合。

われらがコパソルはいきなりやってくれました。

なんと、ファーストプレイ、開始10秒にも満たない程度のタイミングで、前線のソウからもう一人の前線選手ソウタの走りこむコースにきっちりスルーパスが入り、これを確実にソウタがゴールに沈めて先制します。

このプレイの鮮やかさに、ベンチの少し後ろで観戦中だった蘇我SCさんの選手や大人たちも「オォー!」と少しどよめきました。

ゴールの瞬間<ゴールの瞬間>
 
その後2分の右コーナーキックからのシュートは惜しくもゴールバーの上に行ってしまいましたが、3分、4分、7分、8分、13分、14分と立て続けにゴールを奪い、前半でほぼ試合を決めてしまうほどの破壊力ある攻撃がみられました。

攻撃の内容も、サイドからの角度のないシュート、ドリブルで相手を複数抜き去りシュート、サイドからのセンタリングをダイレクトで合わせシュート、センタリングをゴール前の選手が落としてシュートなど、多彩で見ていて大変面白いものでした。

後半も勢いはそのままに、4ゴールを奪い大勝しました。

こうして、予選1日目、2日目を終了し、3勝、勝点9、得点31、失点0と、全く危なげない成績で、3試合を戦い切りました。

次は、6/9(土)に、予選首位通過をかけてFCおゆみ野ホワイトさんとの対戦があります。首位で通過となれば決勝トーナメント1回戦がシードとなるため、目標としてきた県大会への出場権獲得にぐっと近づくことができます。

すでに、レグルスさん、おゆみ野さん、どちらが最終的に上になろうとも、コパソルの予選通過はもうほぼ確定となりました。でも、せっかくですから、全勝で決勝トーナメントにシードでの出場を勝ち取りたいですね!

9日もがんばりましょう!

【ブロック予選第2日 結果】
2日目結果 
最後に、この二日間ご指導いただいた日比谷コーチ、応援に、引率に頑張っていただいた保護者の皆様、対戦チームの皆様、ありがとうございました。
予選はもう一日あります。またよろしくお願いいたします。

  1. 2018/06/02(土) 13:57:00|
  2. スポーツ|
  3. コメント::0

ついに開幕〜千葉市大会〜

しばらく更新をお休みしており申し訳ございません。

いや、お休みしていたのではなく、今日に備えて充電していたのです。(いや、言い訳がましいけどこれ割とマジで)

稲毛杯での優勝で2017年度の最後を締めくくったコパソル2009でしたが、その後は大会は一旦休止し、15名の選手たちのうち、5人がひとつ上、強い強い4年生チームに帯同して4年生大会を戦ってきました。

そして、残った10名についても、練習、TMと順調に新たな8人制サッカーの経験を積み上げてきました。

さらに!

市大会に向けて、頼もしい助っ人たちが、3年生チームに合流してくれました。

コパ2010、つまり2年生から
鉄壁レフティーGKコウキ、
小柄ながらデイフェンスをかいくぐるトウマ、
ファイト一発ガッツが売りのソウタロウ、
体幹がっちりケイゴ、
サイズもテクニックもしっかりのシュント、
スピードスターダイキ
の強者6名が合流してくれました。 

2010メンバーのみんなも、すでにTMを何試合も経験し、徐々に8人制の戦術を理解しつつあります。 

そして、コパ2009は、初めてL,Aの能力分けでの2チーム出しで大会に臨みます。

(この能力分けがまた、結構熾烈な争いでした。おそらく、Lチームの最後のひと枠をかなりの人数で争っていたのかなと思います。能力分けについては、賛否両論あるのかとは思いますが、ひとまずこういった形で大会に臨むことは初めてなので、楽しみでもあります。) 

そして、チーム分け、抽選会を経て、いよいよ組み合わせ決定、日程確定となり、今日を迎えることとなりました。

 抽選会では、Lチームのワニマネ(私)はお昼になぜかカツカレーを食べて願掛けをし、Aチームのフクマネはくじ直前になってかなりの気合が入っている様子でした。

 結果、組み合わせは 

Lチーム:蘇我SCホワイトさん、レグルスFCさん、ジョカーレFCさん、FCおゆみ野ホワイトさん 

Aチーム:稲毛FCU-9さん、千葉アミカルSCさん、FCリベレオさん、パサニオール誉田FCさん

となりました。

なんと、両チームとも予選を首位で抜けると決勝トーナメント1回戦がシードという、なかなかのくじでした。

その後は日程を協議し、結果、Lチームは6/2に2試合(蘇我さん、レグルスさん)、6/3にジョカーレさん、6/9におゆみ野さんという順番で対戦することとなりました。

 Aチームは、6/9にアミカルさん、パサニオールさん、6/10にリベレオさん、稲毛さんとの2試合ずつの予定になりました。 

そして、今日、いよいよ蘇我SCさんとの1戦で、初めての市大会が開幕します。
 

マネージャーの私は、ここまで準備に奔走してまいりましたが、やっとこの日を迎えられるという思い、ついにきてしまったかという不安、どちらもあり、今はなんとも言えないワクワク感の中にいます。 

選手たち、今日も全力でサポートするから、君たちの全力をしっかり出してきてくださいね! 

では、結果はまたなるべく早いうちにアップします。とにかく、今日からです!

(気合が入りすぎですね。。。)
  1. 2018/06/02(土) 00:30:00|
  2. スポーツ|
  3. コメント::0