千葉美浜FCコパソル2009ブログ

千葉市美浜区で活動する少年サッカーチーム、千葉美浜FCコパソル。その2009年度生まれの子供たちの記録です。

11/12 SUPERLIGA(花園SCさん招待試合)

抜けるような青空の日曜日、花見川区の瑞穂小学校で開催された花園SCさん主催の招待試合「SUPERLIGA」に参加しました。

時間によってはかなり寒く、パパママたちは身をすくませる中で、選手たちは元気よく試合をしてきました。

大会形式は4チーム、2ブロックの8チームが参加、予選3試合でブロック内の順位を決め、各ブロックの同順位チーム同士で順位決定戦を行う形式です。

また、ルールはいつもの千葉市ルール準拠のミニサッカーではなく、7人制、スローイン、ゴールキック、オフサイドなしに、試合時間も前後半10分ずつという変則ルールでした。また、ゴールも普段のミニサッカー用ゴールを横にふたつ並べたものでした。

予選リーグ(Aブロック)

コパソルの対戦は、
vs 花園SC G
vs 西小中台FC
vs 大森SC
です。

第1戦 vs 花園SC G ●1-4

初戦は、ホストチームである花園SC Gチームと対戦しました。コパソルとしてはよく対戦している相手でしたが、この2009チームでは初めての対戦となりました。

花園G
(大きなゴールで初めての試合です)

試合内容は開始早々から相手のパスサッカーについていけず、ピンチを招いてばかりでした。ご指導いただいた日比谷コーチからも指示が飛んでいたのですが、高い位置からの、強く速いチェックがほとんどできないまま、時に押し込んでも戻されてしまう展開が続きました。

気づけば前半で2失点。

失点のうち1点は右サイドからのハイボールが直接ゴールに入るという、ゴールが大きい今大会ならではともいえるゴールでしたが、逆に言えば遠目からでもフリーで蹴らせてはいけないコートなのだなと思いながらその後は観ていました。

後半、高い位置から粘り強くチェックに行っていたFWが相手最終ラインでボールを奪い、やっと1点を返しましたが、それが精一杯でした。後半も結局2失点してしまい、完敗でした。

第2戦 vs 西小中台FC △3-3

第2戦は、少し時間を空けて西小中台FCさんとの対戦となりました。

ここまで何度か試合をしてあまり負けた印象のあるチームではなかったのですが、私は今回はコパソルとの試合の前に西小中台FCさんの試合を見せていただき、かなり強くなっている印象を受けていました。これは侮れないなと思いながら、コパソルの試合になりました。

試合は前半8分ごろまで、コパソルが一方的に押す展開になりました。前半2分、3分、5分に得点し、大勢は決したか、と思った矢先に、9分、10分に連続失点。嫌な印象を残してハーフタイムに入りました。

西小中台
(スタートは順調でしたが…。)

後半は両チーム互角の攻防が続きますが、4分に相手がきっちりゴールに突き刺したのに対し、コパソルはゴールを割ることができずにそのまま試合終了。なんとも悔しすぎる引き分けとなりました。

第3戦 vs大森SC △1-1

第3戦は何度も互角に近い勝負を繰り広げてきた大森SCさんでした。稲毛杯、コアラ杯で悔しい思いをさせられている相手ですので、なんとか勝ちたいですし、ここまでの予選の経過で勝てば2位通過となるだけに、何としてもというところです。

大森
(今回も、両者譲らずの決戦となりました)

試合は開始2分、DFへのプレッシャーからクリアミスを誘いボールがそのまま相手ゴールに入るオウンゴールとなって先制します。

しかし、この日は本当にディフェンスが甘くなってしまいました。一歩目の初動が遅くチャンスを作られたり、もう一度強く当たるべきところで当たれなかったり、そんな甘さがかなりの確率で失点に結び付きました。

前半8分には相手に同点ゴールを許し、結局そのまま両チームゴールを奪えず引き分け。

予選はなんとも苦しいものになってしまいました。

予選最終結果:3位(1敗2分勝点2 得失点差 -3)

順位決定戦(5-6位) vs花園SC W 〇9-0

最終戦は5-6位決定戦として花園SC Wチームさんと対戦しました。

この試合では前3戦の鬱憤を晴らすかのように、コパソルのゴールラッシュがみられました。

前半は2分、5分、8分、10分に1点。ミドルシュートあり、直接FKでのゴールあり、と、取れるところでしっかり得点できました。

後半も流れは完全にコパペースで進み、3分、5分、7分、9分、10分に1点と、前後半合わせて9得点、無失点の大勝でした。

花園W
(この試合はこんな歓喜のシーンが多数見られました)

後半もサイドからのセンタリングあり、ドリブル突破からのシュートあり、コーナーキックに合わせてのゴールありと、多くのパターンから得点して、前3試合で抱いた不安(多分、選手本人たちも多少はあったと思いますし、パパママももう勝てないんじゃないかなぁという不安は多少持っていたのではないでしょうか。)を蹴散らしてくれました。

大会最終結果:5位

試合の印象としましては、まだまだ広いコートには不慣れなのかなという印象がありました。ただ、それ以上に問題なのは守備ですね。もっと強く当たりたいですし、当たれないまでももっと寄せないと、今大会の最初の失点のように自由に蹴られてしまいます。

攻撃の方はやはりこちらも守備からボールが奪えないので結果、チャンスがなかなか作れないのかなと思います。最終戦はそこそこ多彩な攻めを見せてくれました。

一方でもちろん、いいな、と感じたところもありました。

今回は4試合で5人の負傷退場(幸いみんな大事には至りませんでしたが)があったのですが、ベンチでは退場した選手をみんなで受け入れて励ましあいました。

プレーの中では、誰かがゴールに向かってシュートを打った後に、ボールの行方を見守るのではなくゴール前にこぼれ球を狙いに行く姿勢が見られるようになってきたのは良いことではないでしょうか。ゴールにボールを収めてしまえば、形はどうあれ1点ですからね。

この貪欲にゴールを狙う姿勢を、守備でも見せてほしいものです。

このところ試合が続きましたが、この先は1か月近く試合の予定はありません。守備を中心にじっくり鍛えて、次の試合に生かしていきましょう。

最後に、大会主催の花園SCさん、ご指導いただきました日比谷コーチ、審判、負傷者の治療、応援等にご尽力いただきました保護者の皆様、ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2017/11/13(月) 13:10:12|
  2. 未分類|
  3. コメント::0

11/5 アローズカップ

本来は1週前に行われる予定でしたが、台風のため延期になっていたこの大会。いつも練習試合や各種大会でお世話になっているFCアローズさんの招待試合です。

2年生は5チーム総当たりの予選後、1,2位、3,4位、5,6位でそれぞれ決勝戦、3位決定戦、5-6位決定戦を行う形式でした。

コパソルは初戦でこちらも美浜区の高洲コスモスさん、2戦目に年に一度の定期戦でおなじみの香澄MSSさん、3戦目に一昨日のリベンジをかけてFCアローズさん、4戦目は初対戦、激戦地区船橋市の船橋若松FCさん、予選最終戦でこちらも初対戦、市川市のFC平田さんとの対戦となりました。

いつも切磋琢磨して競い合っているおなじみのチームが3チーム、初対戦のチームが2チームと、勝負の行方が全く読めない中での大会となりました。

【予選リーグ】

第1試合
vs 高洲コスモスさん 〇1-0


初戦からここまでほぼ互角の戦いをしているコスモスさんとの対戦となりました。ただ、今年度の美浜区大会では敗戦、練習試合でもあまり良い結果が出ていなかった相手だけに、選手たちは緊張の中で試合開始のホイッスルを聞き・・・。

というシナリオを想定しながら試合に臨んだマネですが、意外なことに選手たちには全くそんなデータは関係なかったようです。

開始早々、今までに見たこともないくらいのパス回しで相手ゴールに迫る魅惑的な攻撃を見せてくれました。

正直、このファーストプレイで、「あれ?今日はいけるかな???」と思わされたほどです。

コスモスさんと


もちろん、実力拮抗の両チームの試合ですので、お互いにそうそうゴールを割らせない、緊迫した1戦となりました。結果として前半4分に挙げた1ゴールのみの1点差で試合を終えるのですが、ご指導に当たっていただいた渡辺監督からもお褒めの言葉をいただくほど、動きもよく多彩な攻撃がみられ、観ていて大変「楽しい」試合となりました。

今後のチームの成長であるとか、選手個々の技術の伸びしろであるとか、そういうものを妄想してしまうような試合でした。

予選第2戦
vs 香澄MSSさん ◯4-0


連戦で迎えた第2戦、対戦相手は年に一度の定期戦でおなじみの香澄MSSさんでした。

体格が大きく力のある選手が複数いる、簡単ではない相手です。

前半4分ごろまでお互いにチャンスを作るもそれを潰しあう、緊迫した攻防がみられました。

そんな中で4分過ぎ、うまく抜け出してキーパーと1対1の場面を作ったコパソルが、少し前に出てきたゴールキーパーの右上を正確に抜いた素晴らしいシュートで1点を先制!この1点がコパソルの攻撃に火をつけました。

ここでもマネの私は「この選手たちもこういう落ち着いたプレーができるようになってきたな」と、勝手に手ごたえを感じていました。

香澄さんと


このあとは前半6分にゴール右前の少し遠めの位置から低い弾道のシュートをゴール右隅に流し込み、1点を追加して前半を終えました。

迎えた後半、しばらくはゴールを割れなかったものの、4分過ぎに加点。6分にもループシュートに近い弾道の高めのシュートが決まり追加点を奪い、結果4対0での勝利となりました。

予選第3戦
vs FCアローズさん ●1-2


2試合の休憩をはさみ、大会のホストチームであるFCアローズさんとの対戦となりました。

前半は相手の大きく上手い選手が繰り出す攻撃に翻弄され、開始早々に先制されます。

正直、先制されると慌てて無理なシュートを打ちにいってしまい、落ち着いた攻撃ができなくなってしまうコパソルでしたので、この先制点はかなりのパンチ力でした。

迎えた前半5分、コパソルのシュートが決まり同点に追いつきました。このまま逆転を!と勢いに乗りたかったコパソルでしたが、やはり相手選手の上手さに敵わず、追加点を奪われてしまいました。

メンバーを代えて臨んだ後半、ここからまたもや選手たちは成長を見せてくれました。

後半は相手の中心選手に仕事をさせず、相手選手にも焦りや苛立ちの様子が見られました。

得点こそ奪えず結局1点差での敗戦となりましたが、選手たちは落ち着いて試合を立てなおす、作戦を遂行するという、今までにない一面を見せてくれました。

予選第4戦
vs 船橋若松FCさん △2-2


こちらは初対戦のチームです。相手の選手たちは体格の良い子も複数いて、また正確に速くパスを前につなぐなかなか魅力的なチームでした。

前半はお互いチャンスをものにできない展開で、ゴールはなく終了しました。

迎えた後半、わずか1分で試合が動きました。

センターライン付近でボールを奪ったコパソル選手が、そのまま思い切りよく高い弾道のシュート。そのままゴールに吸い込まれ、コパソルが1点先制します。

その2分後には相手に同点ゴールを奪われますが、またもや同じパターンからのコパソルのゴールが生まれ、1点リードします。

結局5分ごろに相手に再度同点に追いつかれ、そのまま2対2のドローとなりましたが、後々選手たちに確認すると、センターライン付近からロングボールをゴールに向かって蹴っていく作戦を、選手たち自ら考えて実行していたのだそうです。

作戦がよかったか、悪かったかはともかくとして、重要なのは選手たち自らその作戦を考え、実行し、ある程度の結果を得た、と言うことではないでしょうか。本当に、チームの成長を実感しました。

予選第5試合
vs FC平田さん ●2-1

こちらも初対戦となる市川市のチームです。

相手はなかなか体格の良い選手が多く、見るからに当たりが強そうな雰囲気でした。

しかし、選手たちは当たり負けしていませんでした。(前日の日比谷コーチのご指導の賜物でしょうか?)

ほぼ互角と言える攻防が続きますが、先制したのはコパソルでした。開始5分、ゴール右にシュートが決まります。

しかし後半開始3分ごろ、少し残念な直接FKを叩き込まれ、同点に。

その後も両チーム全く互角の攻防が続きましたが、後半終了が近づいた6分、相手シュートが決まり決勝点を与えてしまいました。

予選結果:2勝2敗1分 勝点7 得失点差 +3 4位

【3位決定戦】

vs 高洲コスモスさん
●0-1


(読者の皆さん、すいません。この試合、マネの立場を忘れて試合に見入ってしまい、興奮のあまり展開を覚えていないという大失態を演じてしまいました。)

わかっていることは、どちらもやはり実力が拮抗しており、素晴らしいせめぎあいの15分だったことでしょうか。

攻撃も、守備も、両チームまさに全力で戦いました。

後半に入ってから、コパソルのキーパーとディフェンスに入った選手の交錯でこぼれたボールをゴールに流し込まれて失点してしまい、それがそのまま決勝点となってしまいました。

大会最終結果:4位

初戦、2戦目を観戦して得た期待感は、今大会に関しては過度の期待だったかもしれませんが、それでも選手たち個々の技術、チームとしての成熟度もゆっくりですが着実に伸びているようです。

しかしそれでも勝てなかったのはどうしてか、せっかく自分たちでサッカーというゲームを理解し始めているのですから、選手個々がよく考えて、これからの練習や試合に臨んでくれればと思います。

今回の大会の失点はほとんどが混戦から叩き込まれたものではなく、何らかの形で相手を抜け出させてしまっての失点が圧倒的でした。そのあたりの対策が必要なのかもしれませんね。

最後に、大会を開催して頂いたFCアローズの皆さん、ご指導いただいた渡辺監督、堂山コーチ、日比谷コーチ、審判のご協力や熱い声援を送っていただいた保護者の皆様、ありがとうございました。
  1. 2017/11/05(日) 23:23:16|
  2. 未分類|
  3. コメント::0

11/3 スポ連中央大会

沢山の試合予定が組まれていたにもかかわらず、1か月近く雨に祟られ試合どころか練習もままならない日々が続き、選手たちもサッカーがしたくてうずうずしている中で、やっと晴れた3日。昨年は決勝進出しているスポ連中央大会に参加してきました。

当日明け方まで降った雨の影響でピッチ外のグラウンドにはぬかるみもあり、ピッチも朝の段階ではまだ濡れているところがありましたが、だんだんと日が差してきて午後には暑いくらいの晴天に恵まれました。

さて、われらがコパソル2009ですが、コパソル2009保護者悲願の(?)2チーム出しが実現しました!

思えば1年生の時は夏ごろまで6人揃わず試合もできなかったことを考えると、感慨深いものがあります。

さて、チーム分けですが

Aチーム:ソウタ、ヒロト、シュン、サク、ソウシ、ハルヒ(6名)
Bチーム:カナタ、ヨウタ、レイ、ヒロ、トモシ、ソウイチロウ、ハク(7名)

となりました。

そして、本日の対戦相手は

Aチーム予選:小倉FC、みつわ台南SC
Bチーム予選:千城台FC、FCおゆみ野B

です。Aチームは3チーム総当たり、Bチームは4チーム2試合の変則リーグで、1チーム勝ち抜けの予選となります。

【予選第1試合】

Aチーム予選第1試合
VS 小倉FC
◯6-0


Aチームの予選第1試合は、初対戦の小倉FCとの試合となりました。

私はBチーム帯同だったため、一部詳しくは見ていられないところもあったのですが、立ち上がりからコパソルがほぼ押している展開となりました。

ただ、そんな中で少し気がかりだったのが、得点は奪えていたものの、ボールがあまり回らず、個人による突破に頼りがちな傾向がみられたことと、ファウルは取られないものの、ちょっと荒いプレイが多いかなという印象があったことでした。

でも、結果は6人中4人の選手で計6点を奪い快勝です。いいスタートが切れましたね。

Bチーム予選第1試合
VS 千城台FC
◯6-0


Bチームの対戦相手は、こちらもおそらく初対戦の千城台FCとの試合となりました。

立ち上がりから優勢に試合を進め、前半1分で先制、直後に2点目を奪い、快調なスタートでした。

その後も攻め続けますが、追加点は奪えずに後半へ。

後半は、次々と点を奪い、終わってみれば6人中4人で6点を奪いこちらも快勝でした。

特に後半はサイドからボールを回して中央へパス、そこからシュートという展開が多くみられ、2年生になってからやってきたことがしっかり形になっていることを感じました。

【予選第2試合】

Aチーム予選第2試合
VS みつわ台南FC
●1-3


Aチームの第2試合は、みつわ台南FCとの対戦となりました。

前半はコパソルが押し込まれる展開となりました。

相手の前線にかなり速く、うまい選手が一人、そして中央のディフェンスにも体格の良い、強い選手がおり、攻め込んでもディフェンスに止められてしまい、奪われたボールが前線の速い選手にわたりピンチに陥る場面が多々見受けられました。

そうこうしているうちに1点を奪われて前半は終了となりました。

後半はコパソルが押し込む場面も多く見られるようになったのですが、ディフェンスやキーパーに阻まれなかなか得点を奪えません。相手の攻撃はやはり奪って速い選手につないて攻め込む、というパターンだったのですが、その攻撃を受け止めることができず、結果さらに2失点してしまいました。

試合終了も押し迫ったところで1点を返し、反撃に転じましたが、反撃もここまででした。

Aチームは惜しくも予選敗退となりました。

試合の中で、残念なことに選手間での声の掛け合いなどがあまり見られず、特に試合終了が迫ってくると焦りからか選手たちがいらだちを示してしまう場面も見られました。負けていても落ち着いてプレイできるように、普段の練習であったり、練習試合のときから意識していかないといけませんね。

Bチーム予選第2試合
VS FCおゆみ野B
△1-1


Bチームの第2試合は、こちらも初対戦のFCおゆみ野さんでした。

選手たちはどんな試合を見せてくれるかな~、と思った矢先、開始1分でいきなり失点してしまいます。

その後はコパソルが押し気味に試合を進めるも、なかなかシュートが決まらず、選手たちも焦ってしまわないかとハラハラしていた矢先の5分、中央付近、ゴール前の密集のやや後ろでパスを受けた選手が落ち着いて、いいコースにシュート!値千金の同点ゴールとなりました。

その後は両チームのせめぎあいが続きますが、ゴールは生まれず引き分けで終りました。

その後、私は負け審(おゆみ野さんにじゃんけんで負けてしまいました(笑))担当で一旦チームから離れましたが、最終的にはBチームは1勝1分で予選を何とか首位で通過することができました。

【決勝トーナメント1回戦(ベスト12)】

VS FCアローズ
●0-2


決勝トーナメント初戦の相手は、おなじみご近所のFCアローズさんでした。

今までにも何度も対戦しましたが、内容はほぼ互角、結果では勝ち越されていると思われる強敵です。ただ、大会等の比較的大きな試合ではそれほど負けが込んでいるイメージもなかったので、マネとしてはいけるかもしれないと期待を込めて試合に臨みました。

円陣


試合が始まると、相手に押し込まれる展開となりました。特に相手の速いドリブルや裏を狙ったパスへの対応が遅れがちになり、3分に失点してしまいます。

特に、ドリブルの速さには対応できずに翻弄されてしまう場面がみられました。厳しいチェックが必要な場面が多くありましたが、なかなかチェックに行けなかったのが相手ペースに持ち込まれてしまった原因だと思います。、

その後も押し込まれがちな展開で、時折反撃を見せるもののはじき返される、そんな展開が続きました。

後半4分に2失点目を献上すると、反撃に転じましたが及ばず。結果0-2と敗退となりました。

でも、アローズさんとはこの2日後のアローズさん招待試合での対戦が待ち構えています。みんな下を向かずに、そこで元気よくリベンジしましょう!

【最終結果】
Aチーム:1勝1敗 予選敗退
Bチーム:1勝1分け 予選通過 決勝トーナメント初戦敗退(ベスト12)


最後に、選手たちは久しぶりの晴天の中精一杯、サッカーを楽しんでいたのではないかと思います。

選手たちが楽しめたのも、大会運営の皆様、ご指導いただいた日比谷コーチ、マネのお仕事にご協力いただいた福井さん、熱い応援をいただいた保護者の皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。
  1. 2017/11/04(土) 15:51:20|
  2. 未分類|
  3. コメント::0

9月30日 コアラ杯

9月30日は若松小学校にて、若松エルフさんと北貝塚さん主催のコアラ杯に参加しました。
天気も良く気温も秋らしいサッカー日和でした。
渋滞で開会式に遅刻するハプニングもありましたが、コパの初戦は4試合目ということでしっかりアップもおこない試合に臨みます。


予選1試合目 VS HAMANO JFCさん 2-0 ◯

最初の試合は前週に招待試合に参加させていただいたHAMANOさん。
相手は先に1試合おこない1-0で勝っていました。私は観戦してましたがお互いに早くプレッシャーをかけ、緊張感のあるいい試合をしていました。勢いに乗る相手に初戦が苦手なコパがどう戦うのか楽しみな試合でした。
開始直後は予想通り硬さが抜けず攻め込まれる時間の方が多くなりましたが、ディフェンス陣を中心にゴールは許しません。そして硬さが取れ動きが良くなったところで一瞬の隙をついて先制ゴール!これで勢いが出ました!!その後相手も点を取らなければと攻勢を強めてきましたが、逆に前がかりになった相手の裏をついて2点目のゴール!うれしい追加点でした。
ディフェンスも最後までよく集中して守り切り、初戦を勝利で飾りました。

201710022042346ab.jpg

2017100220423510b.jpg


予選2試合目 VS イーグルスさん 2-1 ◯

2試合目は今まで勝ったことのないイーグルスさんと決勝トーナメント進出をかけて対戦です。
引き分け以上、1点差で負けても決勝トーナメント進出ですが、勝って上がろうと選手も気合が入っていました。
相手も後がないので積極的に攻めますが、コパも1試合目同様しっかりディフェンスして点をあたえません。
先にゴールを決めたのはコパでした。ディフェンスからのいい流れでこの試合も先制点をあげました。
前半終了間際に左サイドから相手に強烈なシュートをあび1-1で後半へ。
今日最初の失点で追いつかれたことで、後半は心配なスタートでしたが、交代したメンバーも立ち上がりから元気にしっかりとしたプレーを見せてくれました。そして待望の勝ち越し点!欲しい時間に取ってくれました!!
その後もしっかり守り切り2-1で勝利し、1位抜けで決勝トーナメント進出です!

20171002204237409.jpg

20171002204238db2.jpg


〜お昼休みの抽選会〜
スポンサーのいる大会は豪華ですね〜!
昼休みに抽選会がありました。全選手の中から25名が当選。
コパはソウとシュンが見事に当選!商品ゲットです!!

20171002204329afc.jpg

20171002204330bcb.jpg

早めに当たったソウは時間をかけて物色。
20171002204331a92.jpg

シュンは終了間際の当選のため残りすくない中から選びました。
20171002204332cdb.jpg


決勝トーナメント1回戦 VS 大森SCさん 0-1 ×

お昼休みを挟み、午後は決勝トーナメント。
1回戦はこちらもいつもいい勝負の大森SCさん。
勝てばベスト4ということで応援にも力が入ります。
そんな周りの空気を察してか、選手の動きが・・・。緊張かプレッシャーか、お昼をはさんで気が抜けたのか、午前中には見られなかったバタバタ感が。それでも落ち着きを取り戻し前半はお互い無得点。
メンバーも代わり後半開始。いきなりでした、、、。落ち着く前に最初のプレーで失点。ディフェンスの真ん中をノーチェックで抜かれての先制点でした。
先に点を与えるとやはり厳しいですね〜。焦りが空回りして攻撃が組み立てられず、そのままタイムアップ、、、。
残念ながらベスト8止まりとなりました。

20171002204239b40.jpg

201710022043334f6.jpg


この後、決勝トーナメント1回戦で敗れたチーム同士のフレンドリーマッチを1試合やって終了です(4-1で快勝)。

本部挨拶の際にチームMVPに商品が渡されました。この日のコパのMVPはサクでした!
攻守にわたり素晴らしい動きをしてましたね!!

20171002204526374.jpg

チームの記念撮影もしてくれました。脇から盗み撮りです。

2017100220452835b.jpg


4試合で3勝1敗、どこも強いチームとの対戦でしたから選手たちはよく頑張りましたね。
予選も厳しいかと思う組み合わせでしたから。
2年生もこの時期になると、どこのチームもポジションをある程度決めて試合を行います。
コパの選手も少しずつポジションごとの役割りを理解しはじめています。サッカーらしくなってきて、選手たちも楽しくなってきているのではないでしょうか?
この日は保護者の皆様も楽しめたのではないでしょうか。
試合の多い季節です。気温も下がってきましたので体調管理に気を付けて、楽しくサッカーができるよう引き続きご協力お願いいたします。
帯同いただいた日比谷コーチ、車出しや審判に協力いただいた保護者の皆様ありがとうございました。


最後のあいさつ!

20171002204529268.jpg








  1. 2017/10/02(月) 21:11:34|
  2. 未分類|
  3. コメント::0

9/18 HAMANO JFCさん招待試合

台風の影響で開催が一日遅くなりましたが、いつも練習試合等でお世話になっているHAMANO JFCさんの10周年記念招待試合に参加しました。

予選が4チーム2ブロックの8チームで争う大会です。

コパソルは成田SSS(エイバル)さん、HAMANO JFC(オレンジ)さん、大和田FC(ホワイト)さんと対戦しました。

HAMANOさん以外は初対戦のチームとなりました。

初戦 vs 成田SSS(エイバル)さん
△1-1 引き分け

緊張の初戦

リーグ戦の初戦ということで、いいスタートを切りたかったのですが、開始1分もしないうちにディフェンスが浮き足立っているところを突かれいきなり失点。

しっかり落ち着いて攻撃を組み立てて逆転したいところですが、この日は点を取ろうという気持ちばかりが空回りしてしまいました。

チャンスを作るもフィニッシュできず、すぐに得点への意識が焦りに変わったように見えました。

後半5分にやっと1点を返すも、反撃もここまでに留まり、結局1-1で引き分けてしまいました。

悔しい勝ち点1で初戦を終えました。

2戦目 vs HAMANO JFC(オレンジ)さん
●0-1 負け

2戦目の相手は、練習試合、大会ともに何度となく対戦しているHAMANO JFCさんでした。

ライバルと対戦!

対戦のたびになかなかの好勝負を繰り広げている相手ですが、初戦で引き分けているコパソルにとっては勝って勝ち点3をものにしたいところです。

試合は今までの結果が物語るように、両チーム譲らない接戦となりました。

均衡が破れたのは後半最初のプレーでした。キックオフのボールをコパソルの連携がもたつく間に奪われ、そのままシュートを打たれて失点。

何としても勝つ

まだまだ後半時間はありましたが、ここも初戦と同じく得点を焦り攻撃がかみ合わず、結局そのまま試合を終えました。

コパソルにとっては痛い痛い敗戦となりました。

(この後、対戦チームの勝ち点の関係で、3戦目を待たず予選敗退が決まってしまいました。)

3戦目 vs 大和田FC(ホワイト)さん
○3-2 勝利

せめて、ひとつでも勝利を、と思い臨んだ3戦目は、大和田FCさんが相手でした。

こちらも初対戦です。

やはり、今日は攻撃が空回りする日でした。攻めるも攻めるも点が入らず、前半を終えました。

しかし、後半に入り1分、2分、4分と立て続けに3得点し、コパソル本来の姿が見えたかな、と思ったところで、3点目が入った直後に2失点。

試合はこのまま3-2で終了しますが、何だかあまり満足のできない勝ち方でした。前がかりになって2失点は良くないですね。

この後は、予選敗退チーム同士のフレンドリーマッチが2試合行われました。

フレンドリーマッチ初戦 vs 成田SSS(バレンシア)さん
●1-1 PK1-3 負け

今日は本当に気持ちばかりが空回りする日でした。

前半、両チームとも決め手がなく、スコアレスのまま後半へ。

後半2分、5分にそれぞれ1点を奪い合って、そのままタイムアップ。規定によりPK戦となりました。

PK(3人制)は相手チームが2本きっちり決めたところでコパソルが外してしまい、迎えた3本目も決められて敗戦。

緊迫のPK戦

試合中に決定機を外してしまうと大変なことになると言うことを思い知らされる結果となりました。

でも、良いところもありました。意気消沈したGKを、選手たちが励ます場面が見られました。チームスポーツである以上、とても大切なところですね。

フレンドリーマッチ第2戦 vs 大和田FC(ホワイト)さん
○7-1 勝利

すっきり勝って終わりたいなー、と思っていたところ、やっとのことで攻撃がかみ合いました。

2人のハットトリック含む7点で快勝です。

ゴーーール!

1失点はまたも試合終盤だったのは大きな反省点ですが、やっと、選手たち本来の攻撃が見られたと思います。

思えば、コパ2009が好成績を残すときは、いつも「前からのディフェンスで失点しない」という展開なのを思い出しました。

今大会はコーチの再三の指摘がありましたが、とにかく守備のもたつきが目立ちました。

6人制でのポジショニングをある程度決定した試合は初めてだったとはいえ、もう少し落ち着いたサッカーができていれば、結果は大きく変わったものになったはずです。

これからも、落ち着いた攻めができるように、たくさん練習が必要ですね。

最後に、HAMANO JFCさん、10周年おめでとうございます。また、お招きいただきありがとうございました。ご指導いただいた日比谷コーチ、付き添い・応援の父兄の皆さん、ありがとうございました。
  1. 2017/09/19(火) 23:52:31|
  2. 未分類|
  3. コメント::0
次のページ